スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.クリームたっぷりのパンプキンパイも捨てがたい

「ハザメ、泳ぎにくい」
「ごめんねアズマくん、でもここの水流って怖くて……」
「確かに面倒な水流だけど、そうやってしがみつかれると僕まで事故る」
「そうだよね……」
「言動が一致してないじゃないか そんなに強く掴まないでよ」
「やっ やだ」
「ほら、もう着くから」


ざぷん。
視界が反転して、紺色の水面から2つの影が踊り出た。
アズマと呼ばれた方が、大げさで絢爛な帯を棚引かせてすぐそこにある陸を目指し、気の弱そうなハザメが帽子についた大きな尻尾を揺らしてそれに続く。
彼らの下、水の薄層のすぐ下では、大きな白階段が海底へ向けて濃紺のグラデーションを描いている。

大階段、と呼ばれるそれは「神様」が残した“大きなもの“ものの1つであるとされ、海の底の第3区と、第1大陸とを繋ぐ役割を果たしている。
海岸付近は潮の流れが激しく、水の中で生きるものでもあっという間に呑まれてしまう。
しかし大階段上では幾分水流が落ち着いているため、陸と海をつなぐ、唯一の安全な連絡手段であった。
大階段から教区はほど近く、公営鉄道も通されているため、交通の便は非常に良い。



「はあ重かった」
「そ、そんなに……?」
「ハザメ、大階段を降りるのは仕事だ、次からはそう思ってくれ」
「う、うーん」

ハザメは少々困った顔を浮かべ、体についた水滴を振い落す。
アズマも丁寧に帯の水気をきり、身を震わせた。
陸上の気温は海の水温とさほど変わらないが、濡れた体に風があたると、やはり少し肌寒い。

アズマは赤橙のアンプルを取り出し、中身を少し舐める。
体色がやや赤みを帯び、椿の留め具に炎がまとわりつく。
ハザメが拾っておいた枯れ枝に軽く息を吹きかけると、ぱちぱちと音を立てて燃え始めた。
ほど近くに建てられた駅舎の暖炉にそれを投げ込み、勢いを増した炎で暖を取る。

「火だるまぢごくの方がすぐにあったまるんだけどね」
「全力で炎吐くの疲れる そういうならハザメがやればいいのに 僕熱いよ」
「そんなっ アズマ君の前で恥ずかしいよ」
「良く分かんないな」


「ん、丁度良い 鉄道が来たね あれに乗ろう」
「ちゃんと教区行きかな?」
「こないだは第2区行きに乗ったんだっけ」
「アズマくん、そういうところが抜けてるよね」
「最後に着けばいいんだよ」
「私はよくないなぁ」


電車が出発するまで、車内販売されていたダークマターソフトを食べて待とうとハザメが提案し、ファイアをコピーして若干汗ばんでいたアズマが承諾した。
安っぽい合成油脂が舌に残るが、ダークマターの味の濃いエキスがそれを緩和しているように見せてまったくちぐはぐで、いつも通りの味にハザメは苦笑を浮かべる。
アズマがよく飽きないなと眺めていると、ハザメがソフトを差し出した。それを口で受け止め、さっさと飲み込んではみるものの、やはり口に残るクリームに微妙な表情を浮かべた。
ハザメはアズマにこの顔をさせるためにいつもこのソフトを購入している。それを教えたことは無いが、アズマはハザメの考えがすぐに顔に出ることを知っている。

ソフトを載せたコーンを包んでいた紙がほかのゴミと出会う頃、電車は出発の合図を上げて、教区へと走り出した。
今日の目的は収穫祭。提案者はハザメで、アズマがそれを承諾した。







蒸気が勢い良く排出され、目的地への到着を鈴の音と車掌の声が告げた。
駅はすでに大勢の観光客と、それを出迎える地元民で溢れかえっており、アズマは騒々しさに顔をしかめる。
少しでも早く抜け出したいのか、アズマはハザメの手を取り、足早に構外を目指した。
開かれたメインゲートを通り抜けると、金木犀の香りが降りてくる。


メインゲートはそのまま中心街の大通りへとつながっており、すでに道端は様々な露店で埋め尽くされていた。
9割以上を占める食べ物の露店の間に、雑貨類を扱う店が肩身の狭そうな配置をされており、緩衝地帯を形成していた。

今年の主賓はかぼちゃのようだ。
趣向を凝らされた料理やお菓子が、あちらこちらで流しの客を誘っている。
かぼちゃの煮付けが香ばしい匂いを漂わせ、鮮やかな緑の皮に焼きこまれたグラタンは顔の意匠がランタンのようにも見える。こっくりと深みのある橙色のポタージュや綺麗に焦げ色のついたパンプキンパイ、かぼちゃを模したころころクッキー、ほんのりオレンジのたっぷり厚いパンケーキ……琥珀色のシロップがきらきらと煌めいている。



ハザメは早速目を輝かせ、何から手を付けようか、と思考を巡らせる。
この日のために、最近の食事代は抑えて過ごしてきたのだ!
満足いくまで食べる事だけが、その日々の報酬になり得るのだろう。

アズマも勿論、本能には逆らえない。
屋台をちらちらと、期待の眼差しで眺め、先ほどまで辟易していた混雑っぷりなどすっかり頭から抜けているようである。
手にはすでにチェックを入れてあるガイドブック。誰かと密接する事を好まないアズマらしく、疲れた時の休憩場所まで確認済みだ。


この期間ばかりは、誰もが慎ましい食事を捨てて、押さえつけている食欲を開放する。
黒ずんだ合成肉も、ぎとぎとの油も、原料が分からない模造食品も、この祭りには現れない。


アズマとハザメは互いに目を合わせると、手を握り直し、歩き出した。

まずは軽いものからと、鈴カステラの中にかぼちゃクリームが詰め込まれたものを購入する。表面には贅沢にも、天然砂糖配合のフォンダンがかけられている。その下のカステラには甘味料が入れられてないのだろうか、甘さが控えられていた。しかし、表面のフォンダンが口の中で溶け、カステラと混じり合って絶妙な食感と甘さを醸し出す。

さらに口を進めるとクリームにたどり着く。こちらもおそらく甘味料は使われていない。だが、煮かぼちゃの甘さが、合成甘味料の安い甘さとは比べ物にならないほど口になじむ。緩めに炊き上げられたクリームを垂らさないよう、残りを一気に口に放り込む。勿体ないような気もするが、口の中が天国のようだったのでハザメは気にしないことにした。
クリームのとろとろが顔にも溢れたのか、思わず口元が緩んでしまう。


「今年は最初から大当たりだね!」
「うん メインがかぼちゃなのは嬉しい」

「何年前だっけ?ほうれん草の時は微妙だったよね」
「ご飯ものはおいしかったけど、甘味類は悲惨だった」
「そうそう、その時は砂糖が不作だったのかな 軒並み合成甘味料で、あんまり美味しくなかった!」
「今年はメイン自体が甘いから、安っぽいモノに出会わなくて済みそうだね」
「ねーっ ……っと、ごめんなさい」


カステラを食べ終え、次の標的を探しに行こうとしたハザメが誰かとぶつかった。
相手もこちらを振り返り、謝罪する。
オレンジ色の大きいフードに、フードから生えた袖は地面と接触するほど長い。
頭につけられた冠と同じように真っ黒な眼をにっこりと細め、気さくな雰囲気を漂わせていた。

「こちらこそすみません 何分浮かれてしまっていて……」
「いえ、私も同じようなものだったので 今日は歩く場所もないくらいですしね」
「ええほんと、この袖が邪魔でしょうがないですよ」
「それは大変、でもかわいい帽子ですね まるでかぼちゃみたい」
「残念ながら、私には食べてくれる相手はいませんけどねぇ」

袖付フードは、やれやれ、と散々踏まれたのであろうくすんだ袖を振る。
ハザメはアズマをちらりと見やり、ふふっと小さい笑みをこぼした。
それを察したのか、邪魔をしたことを再び詫びた。
軽く頭を下げたつもりなのだろうが、ぶかぶかのフードが顔を覆い尽くす。

その様を見たハザメが声を上げて笑い、アズマに窘められた。
もう行くよと促され、ハザメが慌てて別れの挨拶を口にする。
フードを直し、ばいばいと袖を振る相手を尻目に、アズマはさっさとその場を後にする。


アズマは感情を顔には出さないが、そのかわり行動に表す事をハザメは知っている。
拗ねちゃったかな、次の屋台はアズマ君の好きなところにしよう、とハザメは決意しその後を追った。
スポンサーサイト

1.カボチャのロールケーキが食べたい

「なぁーにが収穫祭よ」

かちんっと軽い音を立てて、薄いガラスの窓が閉じられる。
装飾を優先されて作られたらしく、金で縁取られた枠は互いにくっつくことなく外気の侵入を許す。
それでも部屋中に充満した金木犀の匂いは殆どの供給を断たれ、次第にその濃度を低くしていった。
窓の向こうのすずしげな、ややもすると寒々しい空の下、町は週末に差し迫った収穫祭の準備に追われ、平時よりも賑やかであった。
大聖堂前の庭園に設けられた、ステージの上にあるカボチャが今年の祭りのシンボルらしい。
巨大なカボチャは黒や紫で揃えた造花や石、あるいはしなやかに光る布で飾り付けられ、その場の誰よりも美しく佇んでいた。


「浮かれまくって収穫されるバカと調子に乗って収穫するアホが増えるだけじゃない」
「はあ」
「無用な労働はすべきじゃないんだ 全く無意味だわ」
「去年は張り切って警備の仕事やってたじゃないですか アガタさん?」
「前提が違うのよ 誰がこんな事・・・・・・」

先ほどから隠す気すら見せず、つらつらと不満を挙げているのは傭兵のアガタ。
隣でそれを聞くのは、翼を生やした若い兵士のタドリ。
タドリは上司である傭兵の去年までの姿を思い出し、あまりの変わり身を不思議に思った。
去年の今あたり、上司はそれはそれは生き生きとしていたはずなのだが。
タドリは煤けた部屋とふてくされる上司から目を逸らし、窓を越えた先の、楽しげな町を羨ましく眺める。
今年の収穫祭、どんな屋台がでるのだろうか?
カボチャの料理やお菓子はきっと美味しい!かぼちゃは甘くて、高価な甘味料もそれほど要らないだろうから、お財布にもやさしいだろう。それに、この時期の町は明るくて好きだ。
タドリは今年も同僚たちと食べ歩きをすることを思い出し、顔をほころばせた。


教会跡地を中心とした教区では、作物が豊富に実る時期、その実りとそれを支える植物体の働きに感謝を示す祭が行われる。
収穫祭と呼ばれるそれは、その年一番の収穫高を挙げた作物をシンボルと祀り上げ、美味しく楽しく過ごすことを主目的とした、元は大昔の神事らしい。

区民総出でどんちゃん騒ぎを行う事と、残念なことに、ハメを外す者が続出することも恒例となっている。
教会所属の兵士たちは、収穫祭の期間中は休暇を貰える代わり、街で見かけたそういった輩を取り締まることが義務付けられていた。
更に、摘発件数に応じて臨時報酬が出るようになっており、これを目当てに張り切る兵士たちも多い。
アガタは張り切る側で、毎年誰よりも張り切って、高い臨時収入を得ていた。

しかし-かつての目を輝かせ、嬉々として不埒な輩を取り上げていく様と比べ、今椅子に座っているアガタからは、やる気等どこからも感じられない。

「もしかして糖分不足じゃないですか?」
「甘味料なんて高価なものホイホイ買ってられないし、それとこれとは話が別だ」
「うーん?」
「もしかして知らないの?・・・ああ、アンタは警備そっちのけで食べ歩き組だった」
「アガタさんのお仕事とっちゃ悪いと思って!えへへ」
「何とでも言えるわね」
「で、ホントにどうしたんですか?」
「今年から褒賞制度が無くなったの そのくせ取り締まりはしろ、だと」
「タダ働きですか」
「”内申点”でも上がるんじゃない?」

そう笑い捨て、ぽてりと体をつぶしぐう垂れる上司を前に、部下が成せることはあまり多くなく。
タドリが限られた選択肢から選んだのは、好みのお茶を用意することだった。
あわよくばご同伴にあずかろうとしての選択である。

ちなみに、現在まで「あわよくば」が叶えられたことはなく、そのためタドリはいつも勝手に自分の分も用意している。
アガタは12度目の諫めで部下の勝手を諦めた。


「ああ……ごめんなさい、要らないわ この後”回収物”の整理が入ってるから」
「げっ それってもしかして僕も……」
「入れてない 貴方は珍しく整理が嫌いで苦手らしいから」
「アガタさんだって好きじゃないですよね」
「得意ではあるよ」
「割り切れないです!」
「給金に見合った仕事をしなさいよ……」
「そうですね、できれば良識の範囲内で労働に励んでいただきたいものです」

え、とタドリとアガタは第三者の声に振り向く。
両者とも、開けられた扉に寄りかかる影に見覚えはない。

「所属と要件、ノックが無いことに対する謝罪の言葉を」
「まあ、それは上官に向かって投げて良い言葉じゃないですわね」
「傭兵に上も下も無い」
「これだからアナタは……まあいいですわ」
「2行無駄にした 早く用事を済ませなさい」

ふん、と来訪者は忌々しげに吐き捨てる。
それから自身をホーベと名乗り、財務検査院の長であることと、ぶしつけな侵入に対する謝辞を述べた。
タドリはそれを受け、院当、と上ずった声で姿勢を正す。
一方アガタは、椅子から降りることもなくホーベを、それから淹れられた紅茶と空のカップ、最後にしばらくタドリを見やった。
どうせこの部下は気付いていないだろう、と確認して、椅子から降りる。
雑音を立てずカップに紅茶を注ぎ、ホーベへと差し出した。

「お口に合えばよろしいですが」
「まあ、意外に礼儀はなっていますのね」
「部下が使えないもので」
「ご苦労様ですわ」

「・・・・・・それで、何か言いたいことがあったんじゃないの」
「急にふてぶてしくならないでください」
「切り替えの早さは長所ですので」
「はあ…… 特に要件という要件ではないのですが」
「通りがかりに何を?」
「いいえ、そういうわけでも ただ宣告しにきただけです 今年からは荒稼ぎできると思わないでくださいね、と」
「アンタのせいか!」

途端にアガタは語気を強め、ホーベを睨み付ける。
ホーベはそれに驚いた顔をしたが、すぐににやついた笑みを浮かべた。
哀れにもその間に挟まれたタドリは不穏な空気に体を強張らせ、今日の夕飯を予想すべく現実の認識を放棄した。


「毎年毎年、アナタのおかげで資金繰りはぐっちゃぐちゃ、とっつかまえたバカの投獄先も満杯でままならないんです」
「良いことじゃない、アホが一時的にでも減るんだから」
「でーすーかーら!連携上での限度というものを考えていただきたいのです!」
「私は”民衆の安全を守る”ためにニシキ様と契約してるの、それに伴う教会側の諸被害なんて知らないわ」

「……教会所属の者は保護対象ではないと?」
「それでは部下を民衆として扱う?コキ使えなくなるわね」
「やはりアナタは極端すぎます 損なわなくても良い労力を損なうのは時間と費用の無駄です」
「他の兵を護るのに私の労力まで使わなきゃいけないの?契約外ね」
「傭兵は融通が利かないとは聞いていましたが ここまでとは・・・・・・」
「すまないわね」

「はあっ もう! ええ、いいです こちらの決定は変わりませんので」
「それなら契約金額を増やしてほしいわ」
「まあ!ホントに金のナントヤラ、ですのね」

「……いいわよ、亡者でも」

ホーベの発言を聞いた後、アガタはそれ以上会話を続ける気が無くなったようだった。
それではと言ったきり、ホーベを押しのけて保管庫へつながる廊下を目指し、姿を消した。
部屋に残るはホーベとタドリ。
ホーベは横目で見たアガタ顔を思い浮かべる。
まあ不思議な顔をするものです、と渡された紅茶を飲みほし、机に返した。
鮮やかな青いコートを翻し、丁寧に扉を閉める。



それからタドリは部屋に孤独に残され、お昼の鐘だけがタドリを現実へと引き戻してくれた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。